Mathanga Hill から夕日

ハンピの宿

 

ハンピの宿は300Rsで川向の景色は良い部屋。

民家がどこでも部屋を貸していて、個室で100Rs から交渉で安くなる。

シーズンオフだし。

夜は屋上で寝たほうが涼しいので、部屋よりも屋上で寝れそうかどうかの方が重要。

 

案の定、2階の部屋の天井は屋上で日に当たって熱さがいつまでも取れないので室内は熱気がこもっている。

屋上で寝るが涼し。

 

ここのオーナーは室内で充電継続しながら外出していると勝手に電気を遮断するような人たち。

この手の管理人は多いと言わざるをえない。

電気遮断に神経質な宿はハッピーになれないから変えたほうが良い。

不思議なトンボ

 

Hampi の食

 

ハンピの宿街には外人向けのレストランばかりでローカル向けは皆無に等しい。

タリ、ミールを70Rs 以下で食べれるところは存在しなかった。

どこも120以上。

バス停周辺にバラック食堂があるが、衛生面も不安で、質も悪い。

 

小さなバナナ、モンキーバナナが売っていて、ハンピではそれが最良の食であった。

 

ハンピの見どころ

 

気温38度まであがる暑い季節だから、動くのは早朝、夕刻に限る。

初日、午後5時からテンプル脇の丘を経て、Mathanga Hill で日没になった。

マタンガヒルは近辺で一番標高が高いところだから全方位の見晴らしが良い。

 

空気が霞んでいて、濁っていて夕日は見えたが冴えない色であった。

 

 

バンガロールからハンピへ、SLからACに無料アップグレード

 

バンガロールからハンピまではいつものようにスリーパークラスをネット予約していたのだが、勝手にいつのまにかACクラスにアップグレードされていた。

ACの寝台の色は青ではなくて茶色であった。

こんなこともあるものだ。

ほんとはマイソールからハンピに近い Hospet JN 駅まで予約したかったのだが、取れなかくてバンガロールからなら取れた。

 

 

 

 

 

 

次の記事

ABOUTこの記事を書いた人

世界を旅して80余国。徒然書苦氣去。 Author

コメント

ランダムフォト