日2678.3.13-火 6:29

最近思い出す歌

เพลงญี่ปุ่นเก่า

 

笛吹童子  1953年

関連

笛吹童子
ヒャラリヒャラリコ ヒャリコヒャラレロ 誰が吹くのか ふしぎな笛だ♪ いやあ、懐かしい!なんとも不思議な魅力を湛えた、歌詞とメロディでした。。 笛吹童子は1953年(昭和28年)にNHKのラジオドラマで誕生し、小説化もされました。そして1954年に(昭和2...

 

ヒャラリヒャラリコ ヒャリコヒャラレロ
誰が吹くのか ふしぎな笛だ
ヒャラリヒャラリコ ヒャリコヒャラレロ
音も静かに 魔法の笛だ
ヒャラリヒャラリコ ヒャリコヒャラレロ
タンタンタンタン タンタンタンタン
野こえ 山こえ

ヒャラリヒャラリコ ヒャリコヒャラレロ
どこで吹くのか 笛吹童子
ヒャラリヒャラリコ ヒャリコヒャラレロ
金と銀との 蒔絵(まきえ)の笛だ
ヒャラリヒャラリコ ヒャリコヒャラレロ
タンタンタンタン タンタンタンタン
蒔絵の笛だ

ヒャラリヒャラリコ ヒャリコヒャラレロ
誰も知らない 笛吹童子
ヒャラリヒャラリコ ヒャリコヒャラレロ
どこで吹くのか ふしぎな笛だ
ヒャラリヒャラリコ ヒャリコヒャラレロ
タンタンタンタン タンタンタンタン
笛吹童子

 

我が良き友よ   1975年

関連

我が良き友よ ♪cover かまやつひろし
1975年、かまやつひろし。 詩・曲 吉田拓郎。

 

下駄をならして 奴がくる
腰に手ぬぐい ぶらさげて
学生服に しみこんだ
男の臭いが やってくる
アー夢よ よき友よ
おまえ今頃 どの空の下で
俺とおんなじ あの星みつめて何想う

可愛いあの娘(こ)に 声かけられて
頬をそめてた うぶな奴
語り明かせば 下宿屋の
おばさん酒持ってやってくる
アー恋よ よき友よ
俺は今でも この町に住んで
女房子供に 手をやきながらも
生きている

男らしさと 人がいう
おまえの顔が 目に浮かぶ
力ずくだと 言いながら
女郎屋通いを 自慢する
アー夢よ よき友よ
時の流れを うらむじゃないぞ
男らしいは やさしいことだと
言ってくれ

家庭教師の ガラじゃない
金のためだと 言いながら
子供相手に 人の道
人生などを 説く男
アー夢よ よき友よ
便りしたため 探してみたけど
暑中見舞いが 返ってきたのは
秋だった

古き時代と 人が言う
今も昔と 俺は言う
バンカラなどと 口走る
古き言葉と 悔みつつ
アー友と よき酒を
時を愁いて 飲みあかしたい
今も昔も この酒つげば心地よし

学生達が 通りゆく
あいつ程では ないにしろ
まじめなのさと 言いたげに
肩で風切って 飛んでゆく
アー友よ よき友よ
今の暮らしに あきたら二人で
夢をかかえて 旅でもしないか
あの頃へ

 

次の記事

カテゴリ別人気記事

日本 カテゴリ人気記事

カテゴリ別新着記事

日本 カテゴリ最新記事

ABOUT作者

世界を旅して80余國。徒然書苦氣去。 Author

最近更新した記事

 

ランダムフォト

ランダムフォト