Tatopani 温泉の下流4kmに Ratopani ラトパニの温泉がある。

ラト=赤

パニ=水

赤い水」という名前だが、特に赤いという気はしなかった。

ラトパニ温泉

入口付近には店が3つぐらい並んでいる。

ここの人が外人を見ると温泉代50Rsをせびるかも知れないが、非公式なので払う必要なし。

温泉内に賽銭箱がある。

 

2つの浴槽が重なっていて、上が熱くて入れないほど。

その熱い湯が下の浴槽に流れてきてぬるくなる。

湯は白濁している。

Tatopani の湯とは対照的。

Singaの湯に似ている。

底は砂っぽい。

10分もすれば熱くなって汗が出てくるだろう。

おばさんは上半身裸だった。

 

湯船の中で身体ごしごしやってた。

湯を交換、掃除してるのか怪しい。

週に一回湯を交換掃除してるとのこと。

夜は照明がないのが残念。

 

トイレがあって、冷水が出る。

100m 離れた河原で湯が出ているところがあって、地元民はそこで洗体したり洗濯したりしている。

 

上に見える吊橋を渡ってみると、食事ができるところがあって、泊まりも100Rsでできる。

まだ一室しかないが、増築していたので、3ヶ月後には立派なゲストハウスになってるかもしれない。

 

ここの人たちは皆フレンドリーでいい。

翌日ここに泊まり、Ghorepani に手ぶらで2泊3日トレッキングに行ってる間も荷物を置いていた。

帰ってからもう一泊し、翌朝Beniへ。

2泊と夜食のダルバート2回、ロキシー酒6杯、その他つまみも付いて700Rs で済んだ。

Wi-Fiはまだない。

停電が多い。

 

ここには外人は見かけない。

公式のホテルはない。

Tatopaniから歩いて1時間ぐらい。

 

寒い時期でなければ、もっと長居したかった。

Tatopani よりもずっと安上がりで快適。

 

ラトパニ温泉で食事ができて泊まれる処はここ: 

 

Ratopani 下流にも露天温泉あり

 

この辺に他に温泉はないか、とここの人に尋ねると、この下流1.3Km のところにも温泉浴槽があるという。

Tatopani の上流1.5kmを右に橋を渡ったところNarchanにもひとつあるという。

 

Beni に車で一緒に行く途中で下流1.3kmの露天温泉は目視できた。

車道の対岸で、近くの橋はさらに1.2km下ったところにあり、そこから山道を歩いて行かねばならぬ。

 

Ratopani 下流1.3kmにある温泉

 

場所はこの辺:  航空写真はずれてるかも

 

 

 

 

 

秘境温泉巡りトレッキングDay6(ラトパニ)ネパールNo.1のラトパニ温泉!
ちょくです! ポカラから温泉巡りトレッキングを始め、タトパニ温泉に続いてラトパニ温泉へやってきたおだやんとちょく。 ラトパニは温泉だけでなく村の人たちも温かい場所でした。そしておだやんは卵ゲップ病に・・・ ネパールNo.1のラトパニ温泉 朝起きるとおだやんがゲッソリしていた。 「下痢になった・・・」 昨日の夜にジアラルジア、別名卵ゲップ病(下痢の病気)を発症したおだやん。トイレから離れられず夜中4時まで眠れなかったらしい。 このジアラルジアの主な症状は下痢。でも普通の下痢と違うのは、ゲップが頻繁に出て、しかもそれが卵の腐敗臭がするということ。インドやネパールなどの途上国で多いらしい。 実はこの卵ゲップ病におだやんがかかるのは2度目。1度目はエベレストトレッキング中にナムチェ村で発症している。まさかこんなすぐに2度目がくるとは・・・可哀想すぎる。 朝からしょんぼりしてるおだやん。明らかに元気がない。数日はこの村で療養しよう。そうしよう。 ・・・ おだやんは薬を飲んで寝ることに。昨夜ほとんど眠れなかったからすぐに寝付いた。その間に私は朝風呂へ。 朝はおばちゃんが一人、手前の湯船で足湯をしていた。 ラトパニ温泉は熱々の湯船で最高に気持ち良い。小さな湯船で、どちらも底は砂。 もう、本当に本当最高すぎる温泉。 個人的にラトパニ温泉は、 ネパール温泉ランキングNo.1! こんな山奥にこんな素敵な温泉があるなんて。秘湯と呼ぶに相応しい。 タトパニ温泉はウィキペディアページがあるくらい有名だけど、もしどっちか一つしか行けないなら絶対ラトパニ温泉へ行くべき! ネパールの入浴スタイル 朝風呂のあと宿に戻ると、おだやんは薬の効果で大分良くなっていた。エベレストの時の薬を持ってきていて良かった!ラトパニ村には薬屋もないからね。 おだやんがちょっとだけ元気になって良かった。 朝ごはんはミルクティーとパコラ(カレー味の野菜のかき揚げ)。食後に、今度は二人で温泉へ。 最初は人も少なかったけど、しばらくすると村人が続々と来る来る! 平日の午前中から、村の老若男女でひしめき合う露天風呂。 「みなさんお仕事は…?」なんて聞いたら、きっと笑われるだろうな。ここの人たちは当たり前のように、午前午後と入浴に来る。 村人の入浴スタイルは日本のそれとちょっと違っていて面白い。

 

関連

Tatopani の温泉は透明素直でシャワーもある
19:30頃のタトパニ温泉Beni から北に23km、バスで2時間のところに Tatopani 温泉の集落がある。Tatopani は普通名詞で「温泉」or 「熱い水」集落名もTatopani。Singa からBeni に着いたのが午後4時過ぎで次のTatopani方面のバスは17時発だった。バスは凸凹の未舗装...

関連

Singa Tatopani 温泉で湯治
朝一番客入湯料は1日50ルピーか10日200ルピー 10日200ルピー券ネパールの湯治場として知られる Singa Tatopani シンハ タトパニ 温泉に来て8日目。 Singa は集落の名前、Tatopani は温泉の意味。 アンナプルナのトレッキングをしようにも風邪が完全に治らず、鼻炎が...

 

次の記事