シンハ・タトパニ温泉の宿は2集落に分かれている

宿の前の朝日に照らされた山の斜面

Singa Tatopani シンハ・タトパニ温泉には2つのホテル街がある。
一つは温泉から下流の方に上がったところにあり、もう一つは温泉から上流の方に上がって100mぐらいのところにある。
上流集落の方には学校もあり、道幅も広い。
炊飯器を売ってる電気屋もある。
魚の干物を売ってる店もある。

ただ、バスも車も通るので土埃っぽい。

下流の集落は温泉に近い。
道もせまい。
バスは通らないので土埃はない。
ジープはゆっくり通る。

Sherchan Hotel は温泉に近く小綺麗だが

寝転んで日向ぼっこしている

シンハ・タトパニ温泉の宿は最初に尋ねた Sherchan Hotel に連泊している。
1日200ルピーで部屋の中にはシングルベッドが2つと低いテーブルがあるのみ。
トイレは共同。
掃除はほぼ行き届いている。
椅子がいくつかあって、一つは専用に部屋内に持ち込んでいる。
高い机はない。狭い食堂に行けばある。

窓は一面だけだが、開口部が大きくて換気はいい。
川に面していて眺めがいい。
せせらぎ音もいい。
騒音はせせらぎ音で打ち消される。
日当たりは午後になってやっと日が差し込むのみ。
午後2時には日が山に隠れる。

Sherchan Hotel の夕食200Rs。 盛り方がせこい。ガッカリ盛りと呼ぶ。

宿の食事は10時と19時の2回で、野菜のみのダルバートが200Rs.
チャパティーもできる。
初日の一回だけ食べたが、ご飯のうまみがない。インドのライスと同じ。
チャパティーは出なかった。他の客にはチャパテイーを出していた。最初にそのように注文しないといけないのだろう。その時はあえて求めることなく、おかわり1回して満腹になった。

ネパールのダルバートはインドのタリと同じ方式の食事で、給士が頃合いを見定めておかわりを継ぎ足しに来る。ご飯、豆ダル、芋サブ

ジ。
インドと違うのは野菜系が一品多いこと。これはいい。
インドでは青野菜を和えたようなものは出てこない。

どうせ食べ放題なら、自分で盛って継ぎ足しできるようなバイキング方式にしたらいい。
ヒンズー方式だと、注ぐ人の裁量でどれもこれも一様な継ぎ足し方になるからいけない。
継ぎ足されると残さずに食べねばならぬ気になるからお腹いっぱいになりすぎる。
太る原因になる。

この巨女のためにバケツの湯がいくつも運ばれている。自分では運ばない。

インド人とネパール人に肥満腹が多いのはこのせいもある。
インド人とネパール人の太り方は、下っ腹だけがぽっこり膨れている。
オイルの食べ過ぎによるところが大きい。
ダルにもオイル、サブジにもオイル、プリ(ロティの油焼き、又は油揚げ)にもオイル、サモサも油揚げ。
菜食主義、ベジタリアンでも油を摂りすぎればいくらでも太るということ。
ヒンズー教が禁止すべきは、肉食でも卵食でもなく、油食であった。

ここのスタッフは愛想が悪い、挨拶も会釈もしない。
共用のキッチンなどはない。

宿の部屋からの朝日に照らされる山斜面の眺めがいい

他に移りたいのだが、眺めがいいこの部屋をなかなか出れない。
10日間、他の宿もほとんどチェックしたが、ここから移動するにはいたらない。
Wifiがない、椅子がない、湿っぽい、暗い、汚い、網戸がない、など欠陥が多い。
Wifiがないところは、明日Wifiが入る

と言ったり、Wifiが遅いと指摘すると、速いWifiがすぐに入るからと言われたりする。
翌々日に再訪してもやっぱりWifiは入ってない。
ありえない嘘をついて一時の客集めをする。

Himalayan Guest House は温泉から遠く土埃の道

 

Himalayan Guest House

Himalayan Guest House は道路に案内板を出したりして客集めに熱心である。
実際に行ってみるとたしかに部屋は小奇麗で、Wifi もあるがそんなによくもない。

低いテーブルはあるが、椅子がない。

狭い部屋に3つもシングルベッドを詰め込んでいる。

トイレ共用の部屋が1泊 200Rs、トイレ付きが500Rs。
10日割引もなく、1ヶ月でも同じ。
外国人料金だろう。
ネパール人ならディスカウントするはず。
キッチンガスコンロ付きの部屋もあるが、1日70Rs のガス使用料の追加。

2階の200 Rs の部屋は、川に面していながら、川面に窓がない。

この宿の食事もダルバートが200Rs と他と変わらない。

土埃の舞う車道を100m以上歩かないと温泉に行けないのが不利。
温泉浴に専念するなら、Sherchan Hotel 側のホテル集落がいいだろう。

ここの未舗装道路の表面は白く細かい粒子状で、車が通るときの土埃は酷い。
鼻炎、呼吸器官に悪影響を及ぼさずにいられないだろう。

できるだけ車の通る道路には近づかないほうがよい。

Himalayan Guest House の周りにも宿がいくつもある。

10泊1500Rs が標準 自炊ガス代は1日80Rs 

ガスコンロ食器月の部屋も多い。10日で1500ルピー。ガス代は1日80ルピーから

10日200Rsの温泉入浴チケットに合わせてか、この辺の宿の値段を尋ねると10日で1500Rs というところが多い。
自炊用のガス、コンロ、食器が備え付けの部屋もあるが、ガス代は 1日80Rs. 100Rs というところもある。
電気調理器を使えばいい。
炊飯器や電気ポットは自前で用意する必要がある。
上流の集落にも売っている。炊飯器が1500Rsから。

1軒だけ、環境のいい部屋もあったが、Wifi がないのが問題で移動できない。

スマホのNcell の3G 回線は不安定で、速度も遅いのでこれだけではネット作業は困難。
Nepal Telecom の電波はない。

次の記事

ランダムフォト