日2677.10.2-月 20:27

朝から青空がチラリは初めて

初めて青空の少し見える朝。
ジョギングツアーでどこまで行けるか試してみた。

大学の方に行くのかな


東方面へ、丘の上の大学を過ぎ、ThimphuPasakha への分岐点の手前に関所があった。
およそ4km地点。
車両は止まっているようだ。
手ぶらの歩行者は停められない。
素通りできた。
ちょうど雨が強くなり、雨宿りしながらゲートの状況を観察。
Timphu 方面に行くバスは停まるようだが、逆に プンツォリング に戻るバスは停まらないで素通りしていた。
ということは、帰りはバスに乗ってプンツォリングに戻れる。
お金は100ヌルタンのみパスポートに挟んでいる。
時々、City Bus と書かれたバスがPasakha 方面に行き来する。
今回はPasakha 方面を探索する。

1時間弱で雨が止んで車の少ない道を歩き始める。
山の林道という感じ。
道幅は広いが。
幾筋も山水が流れて飲めるようにしてある。
緑濃く、水豊か、蝶も舞う。花もいくつか。

蝶が水飲


牛、やぎ、馬あり。
鶏は見なかった。
人家はほとんどない。
+6km 地点で広大な河原に青いバラックの塊が見える。
マーケットか。
幹線道路を300mぐらい下流にはずれて行ってみると、マーケット。
日曜日だけのサンデーマーケット。
そこはヒンド領らしい。
ヒンドのリキシャが下方から時折走ってくる。
Jaigaon まで相乗りで 25ルピー。
マーケット見物した後、満載リキシャで帰るとジャイガオンのボーダーまで行かず、バスターミナルまでも行かないところで終点25ルピー。
そこからまたリキシャで10ルピーでボーダーまで戻る。
この区間は検問など全くなしだった。

マーケットでは、白くて黄色っぽい液体を2人で飲んでいる男がいて、何か尋ねると、シンチャン という。
コップ一杯10ルピーで飲んでみると、酒っぽい。
一種のどぶろく風味。

関連

ブータンの地酒・チャンケ : ブータン・ダイアリー Bhutan Diary
 こんにちは。クズザンポラ―。今日は、私が最も好きなブータンの地酒、チャンケ(チャンキュ)のご紹介です。以前、「はじめまして。赤ちゃん!」という記事でも、このチャンケについて触れましたが、この度、またこのお酒を飲む機会に恵まれました。チャンケの材料...


モモも注文して休憩。
ちょうど12時頃でスマホのバッテリーは切れた後だったので写真は撮れなかった。
朝6時から6時間しかもたない。
雨宿りの時、ネットサーフィンして画面つけっぱなしだったから電池消費も多くなっただろうが。もう少しもって欲しい。
バッテリー切れがなければもっと先に歩いたかもしれない。
そこから遠くに工場の黒煙がもうもうと立ち昇っていた。

工場の煤煙が見える。もう少し近づくとひどく見えるが、バッテリー切れで写真撮れなかった。


聞くと Ferro silicon シリコン工場という。
ビールの工場も近い。
こんな空気の汚れたところでビールを作るとはいかがなものか。
ブータンのビールが怖くなった。
人が住めるようなところではないところで作られたビールは恐ろしい。
ビールに使える湧水が豊富なのか。

ブータンのビールは安いが


これはブータンの恥部といえるのかもしれない。
環境保護なら、工場煤煙の規制も厳しくするだろう。
見るからに恐ろしい黒煙が一帯に立ち込める。
近づいて行く気がしなくなった。
バッテリー切れで写真ももうとれない。

ブータンの相乗りタクシーが頻繁に通る。
それに乗ると60ルピーで戻れる。
稀にしか通らない大型バスだと25ルピーらしい。
見ると満員で座れないから乗りたくない。

ヒンド式リキシャでジャイガオンへ直通した。
がたがた道、後舗装道。

こんな経路:

帰りのリキシャはずっとヒンド側を通る。

ブータンでは外人ツーリストはガイド付きでないと動けないようになっている。
ということは、ガイドのいない日本人が一人で歩いているとしたら、それは自國民のブータン人そのものに見える。
検問所ではブータン人のような日本人には無関心となる。

ヒンド人だけはガイド無しで、公定料金なしでブータンを旅行できるらしい。



河原マーケットはここ:

次の記事

カテゴリ別人気記事

ブータン カテゴリ人気記事

  • Phuentsholing からブッダガヤへ行き方 ブータンのPhuentsholing 、又は、ヒンドの Jaigaonからブッダガヤへ行くにはバスと、列車の方法がある。 列車で行くには、Hasimara 駅までバスで行って、そこから列車でGa... ヒンド, ブータン 2677.10.6 20
  • Tongba トンバ 穀物発酵酒 Jaigaon 側のホテルのすぐ近くのレストランを覗くと女3人で何やら豆のようなものが盛り上がったものにストローを指して吸っていた。 何かと聞くと、トンバ、トゥンバという。 納豆ご飯かと思いきや、... ブータン, 食物 2677.10.2 15
  • ジャイガオンの風景 ブータン Phuentsholing と接するヒンド側の街、Jaigaon ジャイガオンの風景。 ちょうど 西ベンガル州で盛大に祝われる Durga Puja の時期だった。 ... ヒンド, ブータン 2677.10.7 13
  • ブータンの紙幣には王様   ブータンの紙幣にはどれも王様。 タイと同じ。 500ヌルタンのはグランドファザー、おじいさんらしい。 ヒンドには1000ルピー紙幣はなくなったが、ブータンにはある。 ヒ... ヒンド, ブータン 2677.10.2 12
  • ブータンに入る方法 Jaigaon から Phuentsholing へ 西ベンガル州北部の Jaigaon ジャイガオンに来ると、ブータンの Phuentsholing プンツォリングに簡単に入れる。ブータンのビザがなくても。 自由通行区域である。 歩行者の入... ヒンド, ブータン 2677.9.30 11
  • プンツォリング の生鮮市場 Phuentsholing プンツォリングのバスターミナルの隣に小さな市場がある。 ここでリンゴを100R/kg で買ったらうまい。 リンゴはヒンドに輸出されているようだ。 大きなトラックに満載だ... ブータン, マーケット 2677.10.2 11
  • Trashi Peljor Restaurant のエマダチ ブログで、Phuentsholing の 数あるレストランの中でも Trashi Peljor Restaurant のエマダチがうまいという人がいたので、あえてお腹すかしてから食べてみた。 ... ブータン, 食物 2677.10.3 10
  • Jaigaon の CHHAYA HOTEL Jaigaon ジャイガオンの CHHAYA HOTEL はとにかく汚い、狭い。 掃除させてもなお汚い。 ゴキブリも出る。 蚊も多い。 が、ブータン側の見晴らしが良い。 安い。... ヒンド, ブータン 2677.9.30 9

カテゴリ別新着記事

ブータン カテゴリ最新記事

ABOUT作者

世界を旅して80余國。徒然書苦氣去。 Author

最近更新した記事

 

ランダムフォト

ランダムフォト