Chong Mek チョンメック行き

パクセからウボン・ラチャタニに抜けるラオス・タイ国境、Chong Mek チョンメックに行くには、パクセーの New Market, Dao Heuang Market の近くからミニバンが出ている。25000K 。

乗り場はここだった:

Dao Heuang Market  で近くの人に聞けば教えてくれるだろう。
25000K は100バーツ。距離の割には高い。
ラオスは交通費がタイより割高なことが多い。

終点で降りるとそこにラオス側の出国スタンプ押し場がある。
パスポートを出すと、こんなピンクの紙切れを渡されて、隣の窓口で金払ってこいと言われる。英語の説明がかかれてないから理由がわからない。

この紙切れで1万K払ってこいと

隣の窓口で尋ねてみると、Overtime Charge という。時間外料金のことらしい。16時以降に来ると10000K (130円)払えということらしい。その時は、16:20。
そのような課金に関する説明はどこにも公にされていない。見つからない。
このボーダーは20時まで開いている。
ばかばかしくて、払えないので、元のスタンプ窓口に戻り、ピンクの紙切れを投げ返す。
なぜオーバータイムなのか、どこにそんな課金警告が公示されているか、追求してみるが何も反論されず、ただひたすら払えと繰り返すばかり。
払うつもりはない態度を示していると、しばらくしてパスポートを返却された。
見ると、出国スタンプを押された上から、CANCEL のスタンプが重なっている。

出国印 CANCELの印

かまわず、コップチャイ、グッバイしてタイの方に歩いて行く。
最後の検問員らしき人がいたが、出国スタンプはチェックされることなく、200m先のタイ側に到達することができた。
タイの入国スタンプも押されて通過。タイ側でもラオスの出国スタンプをチェックしている形跡はなかった。

出国スタンプを押さない国は多い。
アメリカ、韓国、ヨーロッパの国々。
面倒くさいし、必要ないから。
それだけ出国手続きの時間短縮できて、インクも節約できていい。

このボーダーでは、ラオス側の出国手続きは無視して、素通りし、タイ側の入国手続きに進めば良い。
ラオスにオーバーステイした場合に罰金を避けるには、このボーダーが利用できる。

ラオスの国境はタカリ体質が酷い。入国の時にもたかり、出国のときにもたかられる。国境によって異なる。

ちなみに、パクセからタイのウボンラチャタニに直通バスが出ている。
これに乗った場合も出国手続きは避けられないが、ラオス側で金をせびられた場合に交渉力が弱くなる。他の乗客と一緒にバスに遅れないようにしないといけないから。
できるだけ、国境は歩きで通過するようにした方がいい。国境でバスを乗り換えるようにする。国境の街で1泊するようにする。
国境では議論する時間が必要な場合がある。
それに、らおすからタイへの国際バス、直通バスは割高。タイからラオスへの国際直通バスは割高ではないようであるが。

ラオスのビザなし滞在期間は14泊15日

ベトナムとチャイナのビザなし滞在期間は最大、15泊16日であるが、ラオスは14泊15日であることに注意。ラオスとベトナムは、チャイナと違って滞在期限が明記されているのでわかり易いが。

チャイナのビザなし滞在期間は15泊16日

 

昔、パラグアイのイグアズの滝からブラジルにビザ無しで入国スタンプ無しで入国し、そのまま数日間、自転車でウルグアイのモンテビデオ目指して走り、陸路出国時にはブラジル側の検問を避け、ウルグアイ側の入国印だけもらったことがあるのを思い出す。

1993年当時は日本人はブラジルには無査証で入国できなかった。今もそうかもしれないが。
イグアズの滝だけは観光目的で勝手に入れた。その勢いでウルグアイまで走ったというわけ。

出国スタンプはできるだけ避けるにしかず、という教訓。
これだけでオーバーステイの罰金を逃れたり、出国時に金をたかられたりする機会を減らすことができる。

次の記事

ABOUTこの記事を書いた人

世界を旅して80余国。徒然書苦氣去。
Author

コメント

Loading Facebook Comments ...
Tag Cloud