支那入り2日目の朝、桂林に着いた。
広西省のSIMを調達するために、支那ユニコム支那聯通の営業所を探した。
桂林北駅に近い店は小さく、9時の開店を待ち、スマホアプリで買えるSIMカードを買おうとしたら、別の店にまわされた。
直営店に行くと、そのカードはネットでしか買えないと。それに1人1番号しかもてないから、他のSIMも買えないという。支那モバイルへ行けと。
それじゃ、雲南省のSIMを無効にして、新規購入すればいいでしょ、と提案するも、理解されない。
あきらめて退却。
他の支那ユニコムの店に行って、今の古いSIMはないことにして新規注文すればいいと思うも、次に見つかった店は、桂林駅前の支那モバイル=支那移動の店だった。


直営の営業所らしく、番号札で4人待たなければならぬ。
そこでSIMのプランを提示され、月額58元で省内3GBのプランを選択し、総額80元請求されてすんなり購入することができた。
SIMを付けてAPを設定するとすぐに4G接続できた。
キャンペーンで、60元と6GBの全國流量がもらえたらしく、早速支那モバイルのアプリでログインし、残高確認してみると、79.74元、6.73GB容量があった。
このあと、手続費の10元が引かれたらしく、今は、69.74元の残高。
実質10元のSIM自体の値段。残りの70元は通話などに使える。来月58元引かれておしまい。2ヶ月で10GB使えて、80元=1320円=395฿
しかも全國流量6GBだから、広西省の外でも安心して使える。
支那ユニコム支那聯通より断然お得ではないか。
支那ユニコムの雲南省のSIMでは結局2.4GBしか使わなかった。
2週間で3GBもあれば十分だろう。
ベトナムでは5GB使ったが。

SIMの番号を選ぶ時に思ったのは、4が含まれていない番号はほとんどないということ。

関連

支那語の数字が持つ意味|縁起の良い数字と悪い数字
日本人にとっての縁起のいい数字といえば7とか1とか8だと思うのですが、中華文化ではいったいどうなのでしょうか。支那人や台湾人はどんな数字を大切にしていて、逆にどんな数字は縁起が悪いと考えているのかとても気になります(笑)

 

次の記事

ABOUTこの記事を書いた人

世界を旅して80余國。徒然書苦氣去。 Author

コメント

ランダムフォト